赤いセガ信者のぶろぐ

qiitaにもtwitterにもfacebookにも書きにくい記事はここ。ほぼゲーム日記。

Youtubeでたまに配信したり動画うpしたりしてます。
ここから見てあげてください。

MHXX ブレイブ片手剣を制御するためのメモ

一撃離脱の世界へ

ブレイブ片手剣のバクステ切り(バックステップ連撃)を使いこなすと、殴っては避け、殴っては避けのかっこいい攻撃が出せる。
これを制御するためにブレイブ片手剣について少しメモっておこう。

バックステップ連撃

突進切り以外はだいたいキャンセルして、バク宙しつつ切る、というモーションにキャンセルできる。
ここから一連の行動に派生できるため、バックステップ連撃という頭の悪い名前が付いているが、基本的に始動のこのモーションをバク宙切りと呼ぶことにする。

バク宙切りの性質

バク宙切りはキャラの向きに関係なく、任意の方向に繰り出すことができる。前に向かってバク宙することも可能ということだ。
攻撃判定は跳ぶ瞬間に出るため、切ってから任意の方向に跳ぶ、が正しい認識になる。
ただし、あくまで任意の方向にバク宙しているため、着地した時、キャラは飛んだ方向とは反対側、つまり、先ほど切った根元を見ている。
まずはこの大原則を認識すれば、カメラがアワワワワになった時も、どこにすっ飛んでいくか理解しやすいだろう。

バク宙切りからの派生

突進切り上げ

何も攻撃ボタンを押さなかった場合、現在向いている方向、つまりジャンプした地点に向かって突進しつつ切り上げを行う。
つまりバク宙した後何も押さなければ、勝手に元いた地点に戻りながら殴ってくれるわけである。ここからさらに派生できるが後述する。
この突進切り上げも、自身の向きに関わらず任意の方角に出せるため、バク宙後にモンスターの位置が大きく動いた場合は、突進方向を調整しよう。この時レバー以外には触らないこと。攻撃ボタンを押すと別の派生が暴発してしまうことが多い。
ありがちな操作としては

バク宙で横や前方に跳ぶ(モンスターがカメラから消える)

ターゲットカメラを押す(モンスターにカメラが向き直る)

何も押さない

これで必ず元いた場所に突進できる。変にレバーを入れると、カメラの具合で変な方向にかっ飛ぶことがあるので、戻りたいなら何も押さないが安定。

ころりん

バク宙後の状況がよくない場合は、ローリングで突進切り上げをキャンセルできる。バク宙は離脱手段としても優秀なのでおそらく一番使うのでは。

通常切り

飛んだ後に攻撃ボタンを押すと、突進せずその場で通常攻撃に移る。頭を殴っていたら危険になったので、前方にバク宙して後ろ足を切り始める、というような運用が可能。ここからさらにバク宙に派生できるので、尻尾や足を狙ってピョンピョンしましょう。飛んだ後動きたくない場合もコレ。
逆に、この機動力生かして、切って飛んで切って飛んですることで、モンスターを追うこともできる。動きが若干キモい以外は優秀なムーブだ。

突進切り上げ後の派生

バク宙からすっ飛んだ後の派生。ここからうまく決めると、いよいよをもってバックステップ連撃という感じがしてくる。

真回転切り

突進後にAでなんか大ぶりな回転切りをする。モーション値高そう。
非常に強そうで隙もそこまででもないので積極的に狙いたいが、微妙に前進しながら切るため足など細い部分を狙うとスカってしまうことがある。

ジャンプ切り

突進後にX+Aでジャンプ切りが出る。ここからさらに切り始められるのでバク宙可能。こちらもモーション値高そうだが真回転切り以上に動くので狙いに注意。

いつ出すか

モンスターから一瞬離れるので、DPS的にちょっと損な気がしなくもない(特に属性武器の場合)
定点攻撃代わりに納刀キャンセルジャンプ攻撃とかを織り込んだほうが強い気もする。まあ、動きに合わせて、だと思う。連打する必要はなさそう。

MHXX ブレイブとレンキンの感想

一応全武器で試したので。

レンキン雑感

今まで片手や笛やライトボウガンで細々と行われてきたサポートプレイが、どんな武器種でもできるようになった画期的なスタイル。
レンキンバズーカがゲージ4の割に大タル以下の火力なので、どうせなら5まで溜めて回復発動させるといいかも。
むしろ本領発揮はSP狩技3個搭載のほうかもしれない。絶対回避積んだりして味方をガシガシ強化しよう。
攻撃の連携がシンプルになる点も初心者には嬉しい。片手剣連打するだけで回転切りになったりするし。身内で初心者に片手剣と一緒に勧めたり、逆に身内の初心者のサポに回る際にどうぞ。

本音

バズーカ弱い、結局殴らなきゃいけない、下手したらゲージ溜まる前に終わる、などの理由により、狩り技主体で積極的に戦わない限り野良だと足引っ張る気がする。

ブレイブ雑感

ブレイブ中はやりたい放題できる反面、モンスの移動などに弱く、特にソロではクールダウンを挟むことになるだろう。

続きを読む

イノベーション エコーズが流行っている

前回少し紹介したクソゲーの権化たるイノベーションに、なんと拡張パックが出ている。

f:id:orzlabo:20170330205807j:plain

イノベーションを遊びつくした、狂ったフレンズ達に向けて放たれた知恵の暴力。それがイノベーション・エコーズである。
追加されたカードは非常に強力な、という言葉では言い尽くせない、大変にパワフルなカードばかりで、これを如何にツモって如何に有効活用するかが最大の焦点になる。

続きを読む

2.6 FlameGolem Summoner

f:id:orzlabo:20170329025126j:plain

火ゴレを3匹召喚してすべてを焼き尽くしてもらうビルド。
アプデによって火ゴレの火力がかなり上がっている為、こちらはレジ下げサポートをしていくだけであらゆる敵を消し炭にしてくれるだろう。

動画

www.youtube.com

火ゴレ出して本体はオーラとカースでサポートする。ゾンビはデコイの代わり。
Flamma + EW + EEQで相手のレジをボロボロにしつつ進軍。

続きを読む

ゴーレムビルドしてる

f:id:orzlabo:20170328135952j:plain

ハンマー持ってゴーレム3匹召喚して戦ってる。
EB + MOMで、マナはすべてオーラに回し、ESでスキルを使いつつダメージの3割をESに負担してもらう。
ESが枯渇していなければダメージの3割がESで受けられるので、最大EHPは142%になる。つまりライフの1.4倍くらいまでなら一撃耐えれると考えるとまあまあかな……
まあ、その状態だと一撃受けたらESすっからかんなので、Leap出来ずに死ぬと思うけど。

2.6 Crit Sweep Berserker

f:id:orzlabo:20170322224955j:plain

スタッフを振り回して極大ダメージを広範囲に与え続けるビルド。
スタッフがバフされ、以前からCritなマロを作ってみたかったのでやりました。
サイクロンに飽きたあなた、一緒に戦場の真ん中でリンボーダンスしませんか

動画

www.youtube.com

チャージを維持しながら、敵のど真ん中に突っ込んでブンブン振り回すだけの簡単なお仕事。
デフォの範囲がそれなりに広く、IAoEを稼げば敵集団をノックバックさせつつ大量の敵を一瞬で冷凍ひき肉にすることが出来る。
スタッフ+Sweep特有の高倍率ノックバックとブロックによってそれなりに安全にBerserkerできる。

続きを読む

CritなMarauderに挑戦中

f:id:orzlabo:20170319150646j:plain
DPS90.1K、命中率91%、Crit率63%(CritChanceサポート無し)

いままでやったことなかったので、バサカ+Critなマロに挑戦している。
近隣のCritパッシブの数を考慮するとスタッフが第一候補となり、スタッフで殴る以上は、Eraがひとまずの目標になることは間違いないだろう。
スタッフはノックバックと相性がいいので、SunderやSweepを適当に変えながらレベル上げてます。

Crit率はCrit Chanceサポート無しでも60以上に上げられるので、火力的には問題ない。
が、やはり命中率が不安(Lv70次点で78%くらいだった)であったため、装備で多量の実数Accuraty Ratingを稼いでいる。そこさえ補えれば普通に運用可能という印象。
ただ、Era以外に殴れる物理ユニークなんぞロクにないので、lv68までがツライ。