赤いセガ信者のぶろぐ

qiitaにもtwitterにもfacebookにも書きにくい記事はここ。ほぼゲーム日記。

Youtubeでたまに配信したり動画うpしたりしてます。
ここから見てあげてください。

新米Exileが知らなければならない本当のこと4 ビルド記事を見るべし

PoE初心者が、長く続けるために必要な知識第四弾です。

ビルドを組む理由

PoEは、極論をいえばアイテム収集ゲームです。ハクスラとは得てして、ストーリーは蔑ろにされるものです。
PoEではお使いクエストのようなものは殆どなく、ヒーラーのようなサポ職も(一部超特化を除けば)ないので、必然的に自分で敵を効率良くぶちのめし、戦利品を手に入れる事が、無一文から始められるほぼ唯一の金策となります。
そのため、いかに効率良く敵を倒すか。つまり、如何にして地上最強の生命体になるか、その道標としてビルドが必要なのです。

つまりPoEとは、俺ツエーしてアイテム収集するためビルドを組むゲー、という事になります。

PoEのビルドはかなり幅があり、スキルツリーの分岐の膨大さを見ればわかりますが、すべて取る事は不可能ですし、キャラによって向き不向きがありますし、効率の良い取り方、というものも存在します。

答えを見るべきか、解くべきか

ビルドを組む事は、PoEにおいて最も楽しい場面の一つです。
ビルドガイドは、そういう意味では、自分で考えてビルドを組む、という楽しみを奪うという考え方もできます。ですが初心者の場合は、まず間違いなく積むスキルを取りかねません。PoEのビルド構築には罠がいっぱいあります。
なので、まずは近接と遠距離、どちらかいっこずつでもビルドガイドを見る事をお勧めします。

まあ、魔法職なら多少ミスっても大丈夫だと思いますが、近接はミスったら詰みます。(主に耐久で)

ビルドを検索しよう

初心者はやはり、最初はガイド通りに組んで空気に慣れるべきです。どうせ100%ガイドの通りには組めませんので、微調整しながらやってみましょう。
ビルドの検索の仕方は大体以下の3通りです。

  • スキルベース(使いたいスキルで組まれたビルドを選ぶ)
  • ビルドベース(初心者向け、難しいが超大火力、などビルドの性質で選ぶ)
  • キャラベース(ウィッチ、マロウダーなど、そのキャラでやりやすいビルドで選ぶ)

すでに使いたいスキルが決まっていれば、それでビルド検索するのがお勧めです。序盤から使える魔法でも、立派に最終ビルドになりえます。
まだ特に決まっていないのであれば、キャラベースで選ぶ事をお勧めします。現在はAsscendancy Class(二次職)の影響もあり、ビルド構築はやや、狭く深く、になる傾向があります。(Templerの2次職が前提のビルドとかがある)

検索の仕方は簡単です。我らのGoogle先生で検索します。たいていの場合、PoEのフォーラムがヒットします。(もちろん英語です)
以下のようなキーワードが適当でしょう。

  • poe assassin build
  • poe icespear build
  • poe build cheap 2.4

古いビルドも出てくることがあるので、現在のPoEのバージョンを確認しておくと安定です。 また、ウィンドウショッピングというか、見て選ぶために、PoEのフォーラムに直接行くのも手です。

Forum - Path of Exile

CLASS/BUILDというカテゴリがあるのでそこから飛べます。

ビルド記事を読もう

さて、PoEの記事フォーラムにたどり着いたでしょうか。参考までに、直近僕が作ったビルドの元記事を貼っておきます。

英語が読めるなら、記事のテンションの高さが伝わってきて、単純に読み物として面白いコンテンツになっています。(所謂、ビルドガイド芸)
英語が読めない方向けに、とりあえず見ておくべきところを上げていきましょう。
ガイドの読み方がわからなかった場合、以下の優先順位で、翻訳片手に見ていくことをお勧めします。

Video

最も重要な部分です。必ず確認するようにしましょう。
そのビルドがどのような動きをして、どのように敵をすりつぶしていくのか、まずは目と耳で確認です。
いくら最強ビルドでも、チマチマしてて体に合わなかったら続きません。自分に合うスタイルを模索してください。

ちなみに、動画がうpされていないビルドガイドは見る価値がないと言って良いです。
ビルドガイドはコンテンツです。芸です。執筆者のビルド構築センスが試されています。初心者の方は、ビデオのないガイドはクソ、だという認識で大丈夫です。
どうしてもやりたいビルドの場合、youtubeで類似するビルドを探して動きは確認した方がいいと思います。

Pross/Cons

利点と欠点を意味し、大体のビルドガイドに書いてあります。概要をつかむ指標になるので探してみましょう。

Passives

スキルツリーです。重要な部分です。
というか、ビルドガイドはこのツリーと動画と装備を紹介する記事なので、これはさすがにすべてのガイドに貼ってあるかと思います。
この通り取得していけば一通り完成、という、所謂レシピなのでこれをメモっとくだけで随分心理的余裕ができます。

取得順序について言及してあると特に親切です。
まずはこれを取れ、と書いてある場合もありますし、lv25の時点のツリー、50の時点のツリー、というふうに、育成段階について言及している丁寧なツリーもあります。非常に好感度が高いです。
ちなみに僕は完成図を貼り付けるだけです。

GEM

PoEを語る上で欠かせないスキルジェム構成です。大抵のビルドはジェムをリンクさせる優先度が書いてあり、4リンクでこれ、5ならこれ追加、もし6リンクが手に入ったらこれ、というように書いてあり、貧乏人にも安心です。
ジェムの名前が省略されている場合もあるので注意しましょう。例えばPCoCとか、CWDTとか、長い名前のジェムは省略される傾向にあります。

Gear

装備です。特に、ビルドを作る上で必須装備があるかどうか確認しておきましょう。装備縛りが特にない場合は、理想的な最終装備が書かれていることが多いです。
必須装備がある場合は、それが手に入らないとビルドが成り立たないことを意味し、やや敷居が高いといえます。
特に、武器や胴体にユニークアイテムを要求するビルドは要注意です。武器と胴体はレアの性能が高く、レアより性能のいいユニークはほぼ限られ、それらは非常に高価です。
大抵の場合、not cheap、あるいはexpensiveという注意書きがあるかと思いますが、心配ならあらかじめ値段を調査しておくことをお勧めします。

DPS

大抵のビルドガイドに書いてあります。一般的に、ビルドの価値はDPSと攻撃範囲の掛け算で決まります。
自慢ポイントであるため、大抵のビルドでは目につくところに書いてあると思いますが、大抵の場合トレハンに十分な火力が出ているはずなので気にしなくても大丈夫です。
偉大なる先達の記事によると、20kほど出ていれば最低ライン、とされていますが、ビルドガイドに出てくるようなビルドならまず間違いなく達成できています。
また、表記は低いけど呪いでダメージが出るとか、凄まじい連打によってダメージが出るとか、そいう場合も多いので使用感を重視しましょう。

ビルドを組もう

ストーリーを進行しながら、ビルドガイドの理想型に到達できるようにスキルを取っていきましょう。
ただ、大器晩成型のビルドは、ある程度進行するまで辛いと思います。装備依存ビルドとかは、lv65くらいまで下積みとかよくあることです。
それなりのコストを支払えば振り直しできるので、通り道にある大きめのノードを取って下積み中は別のスキルで戦うのもありかと思います。

自分で組んでみる

ある程度経験を積んだら、自分でビルドを考えてみるのも非常に楽しいです。ビルドを考えるには、poeplannerなどのサポートツールを使うと良いでしょう。

PoE Planner - For Exiles, By Exiles

最初はビルドガイドのアレンジぐらいから始めて、死にながら調整していく感じになります。大体の指針を以下にはっておきますので参考までに。

  • ダメージ特化か、クリティカル特化、どちらかに偏るべし
    • クリティカルはとらないなら全くとらないことが望ましい
  • 物理も魔法も、は厳しい。何かに特化するべし
  • ライフは大正義。とにかくいっぱい稼ぐべし
    • 装備で稼いだりして、4000くらいを目指すと死ににくくなります
  • +10 statusノードはなるべく避けるべし
    • 一部状況を除けば、通り道のノードは弱いので、ない方がいい
    • 欲しいノードへの最短経路を模索しよう

オマケ:育成スキル

どんなキャラでも使える、序盤を乗り越えるためのスキルです

Frost Blades

近接育成スキル筆頭。適当な装備で殴りつけるだけで、一週目は楽々クリアできるでしょう。最序盤なら近接でなくても強いです。
ShadowとRangerなら最初の街に着いた瞬間にもらえるので、これだけもらって他のキャラをやり始めるのもアリです。

Frost Bolt

遠距離育成スキル筆頭。というか、凄まじいダメージが出るのでそのまま転職する可能性すらあります。
IceNova遠隔展開など妙なギミックを持ったスキルですが、氷ビルドならそんなこと気にせずGMPつけて連打するだけで楽々3周目までいけるでしょう。
Templerの場合、最初の街に着いた瞬間にもらえるので、これだけもらって他のキャラで使うのもいいでしょう。

Flame Totem

身代わりにもなってくれるので装備が貧弱なファーストキャラクターの強い味方です。
一個だして一緒に殴るだけでもかなりのDPS向上が期待できます。
Act1の卵を割るクエストを完了したあたりで店に並びます。Templerならタダでもらえます。忘れずに回収しましょう。

Barrage

弓とわんどで使えるスキルですが、育成中、という点では主にワンドで活躍します。
ワンドのメインスキルであるKBが使えるまでの間活躍してくれるでしょう。