読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤いセガ信者のぶろぐ

qiitaにもtwitterにもfacebookにも書きにくい記事はここ。ほぼゲーム日記。

Youtubeでたまに配信したり動画うpしたりしてます。
ここから見てあげてください。

新米Exileが知らなければならない本当のこと5 クラフト沼に沈むべし

PoE 新米Exileシリーズ

PoE初心者が、長く続けるために必要な知識第五弾です。

PoEの世界へようこそ

雑なテキストを読み進めてきたあなたは、おそらくMapを(魔法職で)周回し始めているでしょうし、トレードでリングやベルトを購入して装備を高めているでしょう。ビルドガイドで見た別のビルドを始めたくなったりしているかもしれません。
うまくMapを周回できれば、レベル70くらいまではサッと到達できますし、さらなる高み、80、85、ひょっとしたら90レベルになっているかもしれませんね。

これにてチュートリアルは完了です。PoEの世界へようこそ。
そう。3周目突入直後の絶望も、長かった3度のマラカイ戦も、つらいレベリングも、すべてはチュートリアル。入り口に過ぎないのです。

ここまで到達したあなたは、完璧にハクスラ適正があり、PoEの経済にしっかりと組み込まれていて、沼に片足を突っ込んだ状態になっています。
もうすでに、アイテムボックスが足りなくて課金しているかもしれませんし、課金していなくとも、トレード部屋を自ら立ててアイテムの販売まで経験しているかもしれません。実にKool
では、PoEチュートリアル完了を祝福して、とてもとても楽しいエンドコンテンツを一つ紹介します。クラフトです。

クラフティング

あなたが今まで取引で使っていたcurrencyは、本来クラフトに使うアイテムです。クラフトとは読んで字のごとく、装備を作る作業のことです。
ポーションクラフトやマップクラフトなども重要ですが、これについてはここでは説明しません。一言付け加えておくなら、Remove BleedingとRemove Chill and Freezeと、Instant recovery when low lifeなポーションは用意しておきなさい。

さて、クラフトは、PoEに於いては主に、レアアイテムにmodを追加する行為のことを指します。 武器を例に例えると、凄まじい% increased physical damageが付いたレアに、+ x adds physical damageか、 + % increased attack speedをクラフトでつけたものが実質的な最強装備ということになります。
もちろん、こういった最強装備は自然にポロっと落ちる可能性もあるのですが、そう簡単に落ちたら苦労はしないわけで……
というわけで、実質最強装備を手に入れるためにはクラフトの知識が必要です。うまくいけば買うよりはるかに安く手に入れられるかもしれません。

アイテムの仕組みを理解する

PoEのアイテムは、ベースアイテム(白装備)に、様々な効果がつきます。以下に例を示します。

  • Quality(品質)
    • 対応するアイテムで20%追加可能
  • Socket
    • jwで抽選可能。両手武器と鎧は6までつく
  • Link
    • fusで抽選可能。6リンクになる確率はかなり低い
  • Implicit Property(暗黙プロパティ)
    • 種別でつく効果。剣なら命中補正、ワンドはスペル補正、など

これらによってベースアイテムの性質が決まった後、ここにPrefix/Suffixがつくことによって、青装備(Magic)、黄色装備(Rare)、金装備(Unique)アイテムが出来上がります。レアで超ツエーアイテムを作るには、このPrefix/Suffixシステムを理解することが超重要なので、以下で説明します。

ちなみに、prefix/suffixはExplict Modifierという名前なのですが、もっぱら省略されてmodsと呼ばれます。このテキストでも面倒なのでmodsと呼びます。

説明を読むのがめんどくさい人向けまとめ

  • 青ならp mod、s mod一つずつ、黄なら3つずつまでつく
  • Uniqueは、そのUniqueにしかつかないUniqueなModがつく
  • modの数制限内であれば、modを追加することができる

接頭語と接尾語

Modsの基本

武器を拾って説明します。

f:id:orzlabo:20161115235137j:plain f:id:orzlabo:20161115235146j:plain

片方はマジック武器なので、少し性能がいいですね。武器の名前を見るとわかりますが、武器の名前が

A 武器の名前 of B

となっていることがわかるかと思います。つまり比喩でもなんでもなく、武器に接頭語と接尾語がつくことによって強化されるのです。
どのmodがつくかはアイテムのレベルで決まっており、どのmodによって何が強化されるかが決まっています。さらに、modの値にもばらつきがあります。
たとえば、HeavyのPmodsがついた場合、(40-49)% increased physical damageが得られます。
アイテムレベル(ilv)が83以上なら、MercilessのPmodsがつく可能性があり、その場合は(170-179)% increased physical damageとなります。
ただし、レベルが高ければ絶対にMercilessがつくというわけではなく、レベルの高い武器にHeavyがついてガッカリ、ということもよくあります。

空きスペースとクラフト

さて、次の武器をみてください。

f:id:orzlabo:20161115235717j:plain

この武器は、武器名が

武器名 of A

となっており、Smodsだけがついている状態です。青武器はPとSがひとつずつつけられますので、Pが空いていることになります。
もうお分かりかと思いますが、クラフトの基本は、空きスペースにModsを埋め込むことに他なりません。
マジック武器の場合、Augによって空きスペースにランダムなModをつけることができるので、早速ブッ込んでみましょう。

まあ、そう簡単に強いModはついてくれないのですが、何はともあれ、クラフトの基本は空きスペースを埋めること、ということが理解できればそれで十分です。

マスターによるクラフト

先ほどの例でつかったAugでは、どのModがつくか全くランダムなので、ワンドなのに物理ダメージが上がったり、剣に火レジがついたりして切ない気持ちになることが多々有ります。
マスターによるクラフトを使えば、多少数値は劣りますが、選んだModsを確実につけることができます。非常に重要です。コストも相応にかかりますが、抽選連打してお望みの物を引くよりは割安です。
繰り返しますが、マスターによるクラフトは非常に重要です。

f:id:orzlabo:20161115235749j:plain

この例では、pが空いている為、pに相当するクラフトを行うことが出来ます。
レジが足りなくなったら、装備更新よりまえにまず、マスターのクラフトでレジがつけられないか確認した方が良いでしょう。また、装備更新時にも、空きスペースを確認すれば、クラフトで補完できます。
マスターのレベルをあげる目的の大部分はコレです。マスターのレベルが上がれば、より上位のクラフトがつけられます。とりあえずHakuのレベルを5くらいまで上げておけばレジで悩むことは少なくなるでしょう。

スタークラフトの制限

ただし、マスターのクラフトは、一つしかつけることはできません。(厳密には3つまでつける方法もあるのですが今回は説明しません)

レアアイテムのクラフト

先述したクラフトの基本さえ押さえておけば、レアアイテムも同じです。ただしレアアイテムは、pとsそれぞれ3個ずつつけられるので、より派手で強力なアイテムになるはずです。見てみましょう。

f:id:orzlabo:20161115235959j:plain

この武器には、pが一つ、sが三つついています。なので本来であれば、このアイテムの名前は

A 武器名 of B of C of D

となるはずなのですが、とてもカッコ悪いので、代わりになんかかっこいい名前が付いています。実際についているmodsの効果で判別してください。
この武器にはまだpに空きスペースがあるので、各種modsをつけることができます。前述したとおり、マスターのクラフトは一回しか行えないことに注意してください。
ただし、レアアイテムにランダムにModsを追加するには、Exaltedが必要になります。大変貴重なcurrencyであるため、費用対効果が著しく悪いことに注意してください。大抵の場合は、レアへのmod追加はマスターを頼ることになります。
Exを使う場面は、付くModsが確定している、もう普通の装備では満足できない、5000exくらい持ってて箱から溢れる、私のリアルラックは53万です、というような、限定された状況だけだと覚えておきましょう。

レアアイテムの空きスペース

レアアイテムはMods名が隠されるので、どの効果がpかsか覚えておき、空きスペースがわかるようにならなければいけません。 wikiにあるmodsの項目を見れば事前にわかります。

Item affix - Official Path of Exile Wiki

まあ、結構面倒です。お買い物中であれば、poe.tradeを経由すれば解決です。

f:id:orzlabo:20161116000541j:plain

どのmodsがpかsかだいたい書いてあるので、空きスペースも一瞬で把握できます。
防具の場合は、sに空きスペースがあると融通が利きます。レジがつけられます。pの場合は+X to Life(実数値ライフ)が稼げます。 上記の防具はsが空いていますので、実質2レジ防具であり、なおかつ自分に足りないレジを選択できる点でヲトクです。

modsの制限と重複

同じジャンルのmodsは2個同時につきません。 + X% increased physical damageのPmodsが3個付いて超絶火力、というようなことにはなりません。
ただし、複数のパラメータを強化するmodsがあり、これらは重複します。
Pmodsの中には

  • +X% increased physical damage
  • +X% increased physical damage, +X to Accuracy Rating

という二つのジャンルがあり、これらは同時につく可能性があります。それぞれの最上位modsを引き、その中で良可変値を引き当てれば、250%以上がつくこともあります。ここまでくるともう一級品です。

妥協の最強を求めて

サイッキョな武器を作る手順を日本語で説明します。

ilv83以上の武器を入手し、chaos orbを連打して目的のmodsがつくまで抽選する。

これだけ聞くと簡単そうですが、確率を簡単に求めてみます。
Pmodsは全部で12ジャンルあります。そのうち、物理ダメージに関するModsは3ジャンルです。
Pmodsでジャンルの組み合わせは12 C 3で求められますので220通りあり、そのなかで物理ダメージ強化ジャンル全てを引くパターンは6パターンあるので3/110。
その中で最上位modsを引く確率は1/8で、さらにその中で最大可変値を引く確率は1/10です。3つのジャンル全てで最大可変値を引くので3乗です。

これら全てを計算すると

3/110 * (1/8 * 1/10)^3 = 5.32670455e-8

もう訳がわかりませんね。適当に近い値で計算すると0.028 * 0.000002ぐらいです。とにかく恐ろしく低い確率だということです。こんなんChaosがいくらあっても無理です。おとこらしく無理だと叫ぶこともまたPoE道。ちなみに、Pmodsの理論値だけでこれなので、実際はSmodsでAttack Speedを引かねばなりません。

まあ、沼を紹介しといてアレなのですが、妥協が肝心です。買ってきた方がはるかに安いパターンもあります。
スタークラフトでしょぼくとも値がつけば、現状より強くなります。
結局我々が進むべき道は、最強になるのではなく、現状より少しでも強くなる、を繰り返していくこと、といえるでしょう。

そしてExileは沼へと落ちていく

上を目指せばキリがありませんが、特に武器は非常に悩ましく、クラフトし甲斐があると言えます。
サイッキョ武器を手に入れてすべてを叩き割って進むのが近接の醍醐味であり、クラフトした(あるいはされた)超絶至宝の武器を求め、今日もどこかでトレハンが行われているのです。
ぼくが最初に近接をお勧めしなかった本当の理由はここにあります。中毒性がありすぎるのです。
DPSが1%改善しただけで歓喜できるようになったら、もうどっぷりとつかっていることになりますのでご注意ください。
用法用量を守って正しいクラフトライフを。

おまけ

僕が今回のリーグで手に入れたかなりよさげな武器を貼っておきます。意味はありません。自慢です。

f:id:orzlabo:20161116002341j:plain

物理ダメージがやや低いようにみえますが、ASが高いのでPDPSは532.8です。これを超えるレア武器は10本と売りに出ていません。