赤いセガ信者のぶろぐ

qiitaにもtwitterにもfacebookにも書きにくい記事はここ。ほぼゲーム日記。

Youtubeでたまに配信したり動画うpしたりしてます。
ここから見てあげてください。

MHXX ブレイブとレンキンの感想

一応全武器で試したので。

レンキン雑感

今まで片手や笛やライトボウガンで細々と行われてきたサポートプレイが、どんな武器種でもできるようになった画期的なスタイル。
レンキンバズーカがゲージ4の割に大タル以下の火力なので、どうせなら5まで溜めて回復発動させるといいかも。
むしろ本領発揮はSP狩技3個搭載のほうかもしれない。絶対回避積んだりして味方をガシガシ強化しよう。
攻撃の連携がシンプルになる点も初心者には嬉しい。片手剣連打するだけで回転切りになったりするし。身内で初心者に片手剣と一緒に勧めたり、逆に身内の初心者のサポに回る際にどうぞ。

本音

バズーカ弱い、結局殴らなきゃいけない、下手したらゲージ溜まる前に終わる、などの理由により、狩り技主体で積極的に戦わない限り野良だと足引っ張る気がする。

ブレイブ雑感

ブレイブ中はやりたい放題できる反面、モンスの移動などに弱く、特にソロではクールダウンを挟むことになるだろう。

片手剣

ブレイブの中でもかなり扱いが難しいほうだと思われる。バクステ切りが前や横にも出るので機動力はかなり高まる。
派生の回転切りの火力はそこそこ高いらしいが、妙に動くので微妙に当てにくい。納刀が遅くなる点も微妙にストレスフルだ。

双剣

片手剣とは打って変わって、ブレイブの中ではかなり扱いやすい。ゲージ溜めるだけで鬼人強化状態になるので、ゲージ管理がかえって簡単になった。
ダッシュの出初めにカウンター判定があり、成立すると武器を研ぎながら斬りつける。
簡単に言うと、高速移動と同時にカウンターしつつ研ぎながら前方を斬りぬけるわけだ。普段からやれ。

大剣

抜刀状態での立ち回りが視野に入る。高速抜刀溜め3は魅力だが、納刀が遅いため、こればかり狙っていると微妙に遅い気がする。
攻撃をいなした時に狙うくらいで、ステップ移動から強溜め移動切りがメインになると思われる。抜刀会心は抜いて弱点特効積んだりする必要があると思う。

ハンマー

ブレイブ溜めがかなり強いが、人差し指が酷使されるため個人的にあまり好きではない。
ブレイブスタイルによってハンマーは強くなったが、それ以上に周りが強化されているので今作はそんなに目立たないのでは。

太刀

大迷惑切りがない。気刃斬りの初段にガード判定があるので、受けつつキメれるようになって大変に手数が増えた。
ゲージ管理も実質ブレイブに一本化されたようなもので、大迷惑を当て続けなくてもゲージさえ溜まれば火力が出るようになる。
ブレイブ太刀から入ると他の太刀が使えなくなるくらい簡単。

ランス

納刀キャンセル十字切りが取り回しやすい。モーション値が変わってないなら80越えのはず。
ブレイブ中はガード判定をだしつつ前進して殴れる。付きからキャンセルできるので、突き突きキャンセルバッシュ突き突き……を連打するだけで前進しながら無限にガード判定を出しつつ殴り続けられる。
敵の反撃に合わせてキャンセルバッシュやバクステで位置調整を忘れなければ、今までにないほど張り付くことが可能なはずだ。
ガード強化がないと受けれない攻撃の一部は納刀から受け流しましょう。(多段ヒット系はよけきれないこと多し)

ガンランス

今作最強の呼び声も高い。ぼくもこれで集会所G3ソロクリアしました。
通常型のガンランスを用意。納刀キャンセル砲撃4発でブレイブ。そこからクイックリロードフルバーストを連打するだけ。クイックリロードのガード判定を駆使すれば、マジでフルバ連打できる。
パーティプレイではフルバが邪魔になりがちなので、切り上げからブレイブ砲撃連射するといいです。補正がかかって連射するほどに火力が高まる。
新技のAAフレアの使い勝手もかなり良く、技スペースがどう考えても足りない。総合的に考えると息吹な気がするけども。
ヒートゲージ、残弾、ブレイブゲージ、竜撃砲クールダウンなど、管理すべきゲージが大量にあるためその分ムズい。

ムズイ。勇猛果敢に殴りながら演奏できるようになった。SP状態やらレンキンやらに押されてややサポート面では影が薄くなってきた。
ブレイブ演奏殴りのモーション値次第だが、やはり過去作同様、自分自身で殴れる強い意志が必要。初心者にはお勧めできない。
笛は抜刀状態が基本であり、旋律を維持しつつ抜刀するのがちょっと面倒(しゃがんだり、立ち止まったりする)。ブレイブ納刀直後に抜刀するのがやや面倒なので相性もそこまでよくないと思う。笛はブシドー。
火力はかなり高まったし演奏のダウンタイムも減ったしステッポ移動も快適だが、ブシドー回避の画期的さに比べると見劣りしてしまった。性能と距離でもつけてみるか?

スラアク

今作ではよくわからない斧に代わってスラッシュソードが登場。ブレイブ解放二連からエネチャで無限に属性開放し続けよう。
納刀キャンセル斧攻撃はかなり優秀だった。今作は剣ゲージを溜めつつブレイブゲージも溜める為のモードといえる。テンペストアックスはよくわからなかったのでエネチャします。
管理すべきゲージが普段より二つ多くあるので初心者にはお勧めできない。

チャアク

ブレイブ状態の解放ループがかなり爽快で強いが、他のスタイル以上に、非ブレイブ状態の立ち回りが制限されている気がする。
難しさのわりに剣モードで立ち回るメリットが殆どない気がする。斧で解放ループしてスタンとるためのスタイルといえる。

虫根

非ブレイブ状態では納刀キャンセルしないととべない。ピョンピョンに対するアンチテーゼとなるか。
ブシドーが微妙で狩り技にだいたい絶対回避を入れていた僕としては、納刀で受け流せるようになったため技スペースが空いたのが嬉しい。差すものがない気がするが。
ブレイブ状態だと虫が攻撃に合わせて殴ったり戻ったりするためちょっと難しい。エキスハンター差せばいいのかな。

ブシドーでいいかな……剛射2回打てるけど、ジャスト回避溜め3でいいかなってなった。曲射空気だし。

ライトボウガン

ステッポ弾の威力次第だけど基本的に空気なのでブシドーでいいかな……

ヘビィ

ブレイブリロードがややめんどくさいものの、圧倒的な火力を発揮できる。今作もDPSだけなら最強候補な気がする。
なんといってもブレイブ中はダッシュが可能になる点が大きい。ダッシュ->スライディング->しゃがみを滑らかに決めていこう。
ブレイブ中のしゃがみは撃てば撃つほどに連射力が高まっていく。パーティプレイではもちろん、ダッシュによる圧倒的な立ち回り力があれば、割とチャンスは作り出せる。
遅すぎた納刀も、納刀からの受け流しによって高速化が図れる。そもそもダッシュによって全く被弾しない立ち回りもやりやすくなったので、その分ブシドーより火力が出るようになった。オススメ。

いくつか武器をやりこんだうえでの追記

ヘビィは壊れ

調整ミスのように強い。ガンランスが今作最強とか言っててすいませんでした。
ブレイブリロードは、適正タイミングでリロードできた場合、遅めの通常リロードよりむしろ早くなる。まあブレイブ中はそもそもリロードなんてしないんですが。
ダッシュスライディングキャンセルしゃがみで瞬時にリロードが完了するのが強すぎる。
スライディングが発動してからしゃがみを入力するときにレバーを任意の方向に入れておくとそっちに向かってしゃがむ。たとえ真後ろであろうと振り向いてしゃがむ。
しゃがみキャンセルローリングから一切スキなしでダッシュに派生でき、スライディングからダッシュに派生できる為実質無限に走れる。

事実をすべて書いたけどどれか一つだけでもアホみたいに強い。それが全部同時に発生するのでもうワケが分からんくらい強い。
瞬間火力、継続火力、機動性、耐久力(受け流し)、すべてを手に入れてしまった最強の武器がここに誕生したので、ブレイブじゃないヘビィさんがもしいるのであればブレイブ練習をお勧めします。
多分オンラインに行ったらブレイブじゃないヘビィはバカにされると思う。

笛はブシドー

ステッポ強演奏が的確に当てられない場合、ブレイブやってる意味がないと思う。おとなしくブシドーしよう。

弓はブシドー

やっぱブレイブムズイ。バックステッポ連打するのでスタミナが無くなる。ブシドーなら強壮なくても何とかなるのに……

ガンランス

AAフレアがそこまでいい技ではなかった。出始めにガードがあり、龍撃砲をキャンセルで撃ちゲージ固定してくれる。これだけ聞くといい技に見える。
難点が二つあり、まず攻撃判定後のリロード時間が長すぎる。ダウンが取れなかった場合、ほぼ反撃はもらうものと思った方が良い。一応リロードの出初めにガードポイントがあるが、そこからリロード完了までに1秒以上かかるのでモンスターがこっち向いてたら被弾します。
結局、出始めのガードポイントが生かせるポイントが咆哮くらいしかない。それならクイックリロードフルバでもいいんだ。
もう一つの難点は、龍撃砲がクールダウン中の時は魅力が減るという事。ガードポイント発生、斜め上にフルバ、ガードポイント発生、クソ長リロード。一応フルバした瞬間に撃てば、リロードもされるのでダメージは出る。
総合的には、フルバがどれだけ当てられるかにもよるがやはり息吹のほうがいい気がしている。

虫根はエリアル

個人的な趣味です。

2017/04/21 さらにいくつかやり込んだ上での追記

ブレイブ笛を理解した

後方演奏を連打できるので火力面では以外と良さそうだった。いままでならスタンプだったタイミングで、後方演奏2発叩き込めることがある。
ステッポ演奏は当てるとかっこいいが、当てなくても通常の演奏よりは早いので気軽に出す。
ただ、やはりブシドーにジャスト回避キャンセル演奏が追加されているので、ブシドーに迫れるかもしれないけど追い越すことはないかなという印象。

ブレイブランスは微妙

盾構えてダッシュとか普通にできるし、移動距離も通常の盾ステップのほうが長い。突きと盾殴りでループできるとは行っても、どちらも前進するため定点攻撃が難しく、結局バックステッポのお世話になる。それなら最初からバックステッポ突き突きしたほうが手軽。
十字切りの高いモーション値は魅力だが、ジャスガからでも出せる。ランスの狩り技は優秀なので、ギルドやストライカーも候補になるだろう。
一応手数だけなら高いはずなので、麻痺ランスとかを担ぐならブレイブがいいのかな。

ブレイブ片手剣は御せれば強し

バク転切りの挙動を理解すれば非常に強いことがわかった。別に記事を書く。