赤いセガ信者のぶろぐ

qiitaにもtwitterにもfacebookにも書きにくい記事はここ。ほぼゲーム日記。

Youtubeでたまに配信したり動画うpしたりしてます。
ここから見てあげてください。

3.0 2H Vaal Pact Wild Strike Berserker

f:id:orzlabo:20170819014003j:plain

Berserkerの超火力をElementalに変換して叩き付け続けるビルド。
Berserkerの特殊能力により、手痛い攻撃を受けると一時的にLeech能力が大幅に上昇する。EHPを稼ぎ、一撃耐えてLeechで瞬間回復し続けることを目指す。

動画

youtu.be

バフをもろもろ準備したら、敵陣に突撃して死ぬまでWild Strikeし続けるだけ。
動画を見ればわかると思うが、強敵相手でも一撃耐えれば瞬間Leechによって瞬く間に戦線復帰できる。(ライフがすごいぐわんぐわんする)
攻撃範囲もそこそこ広いのでクリアリングスピードもMeleeの割には早い気がする。

また、Ngamahuのon hitで発動するモルテンバーストはサポートが乗るため、cullingやCoHを差して利用している。

利点と欠点

Pros

  • 火力が積みやすい

    • Wild Strikeは100% Elemental変換なので、WEDも含め火力を積みまくれる
    • 属性効果に頼らないのでElemental Focusのぶち込める
  • Cloaked in Savage + Vaal Pactからくる高い回復力

    • 一撃耐えることが出来れば瞬く間に回復できるため死なない
  • だいたいどこでも回れる

    • Elemental反射もそれなりにいける
    • Leech出来ない状況は無理

Cons

  • 痛くない攻撃に弱い

    • 超絶Leechを得るにはSavage Hit(後述)を受けなければならない
    • ザコの集団に囲まれて殴られまくると回復が間に合わないこともある
  • DoTに弱い

    • DoTはhitしないため、Savage Hitが発動しない
    • リジェネ無いしBlood Rage使うしで、ライフがすごい勢いで減る
  • 属性変換がランダムかつ、サブ攻撃はMeleeではない

    • 殴った敵から飛んでいく弾はMelee Physが乗らない
    • 属性がランダムなので特定の属性強化は1/3しか効果がない
      • ただしEEQのデメリットを打ち消せる、という点では利点ともいえる

statsとツリー

f:id:orzlabo:20170819015643j:plain

PoE Planner - For Exiles, By Exiles

残りはライフノード埋めと、マロの斧パッシブで完成。バフ全開でひとまず170kくらいは出るようだ。
一撃耐える為にライフの総量は非常に重要。少しでも残ってくれれば、たちどころに戦線復帰できるだろう。

また、スタン対策が非常に重要。Savage Hitの性質上、最高の性能を発揮する前に一度手痛い攻撃を受ける必要があり、その際スタンしてしまう。

BanditとPantheon

KaritynでASを得るのがいいだろう。
PantheonはBrine Kingでスタン耐性を得るのもいいが、一度でもスタンした瞬間に死ぬような超危険地帯ではあまり有効ではない。
スタンはUSや装備で無効化する手段もあるため、普段使いにArakaali、対ShaperでSolarisといった感じにしようと思う。
小さいほうはYugulで反射ダメ軽減。

Ascendancy

Savage Hit時に超性能を得ることが出来るBerserkerで確定。
耐える事さえできればあとは超火力で敵を薙ぎ払うことが出来るだろう。

Cloaked in Savagery

コアとなるギミックの一つ。Savage Hit(自分のライフを一撃で15%以上奪う強力なダメージ)を受けると4秒間、以下の効果を得る。

  • ダメージの100%をライフ吸い
  • 50% increased damage
  • 25% increased attack speed

超加速とダメージ追加に加え、圧倒的な100% Life Leechが得られる。つまりDPSが100kあったら毎秒100k吸えるわけで、誰がどう見ても吸い過ぎである。
通常、ライフ吸いの速度は、一秒ごとに自分の最大ライフの20%まで、と決まっているのだが、Vaal Pactを取得することによりその制限が取っ払われ、瞬時に与えたダメージがそのままライフとして還元される。
これによって超耐久を実現する。死にたくなかったら、4秒に一回は死ぬほど痛い攻撃を受けよう。

Aspect of Carnage

ご存じ、10% increased damage takenを代償に40% more damageという禁断の火力増加をもたらす、Berserkerを象徴するパッシブ。
被弾ダメージが10%増えるのは決して軽い代償ではないが、今回はSavage Hitを受けることで最大の性能が発揮できるため、それが発動しやすくなると思えば、多少は気が紛れるというものである。……紛れない?

Wild Strikeについて

殴った際に、物理ダメージの100%を火、氷、雷のどれかにランダムで変換し、殴った敵に与えた後、そいつの後ろから遠隔攻撃を飛ばして周囲を攻撃するワイルドなスキル。
殴った敵の後ろから発生するため、殴った敵自体には遠隔攻撃は当たらない。3つの属性はこんな感じ。

  • 火:あたると爆発するAoE Attack
  • 氷:必ず貫通するProjectile Attack
  • 雷:Arcのようにチェインする Chaining Attack

と3属性とも、性質も、のるパッシブもバラッバラである。ElementalやAttackを強化すれば3つとも強化できる。3種ともMeleeではないのでサポートジェムのMelee Physは最初の殴りには乗るが、弾には乗らない。
全くランダムに出る為どれか一つの属性を強化しても、2/3の確率で意味がないことになる。変換元のベースダメージや、Elemental全体を強化するのが良い。

装備

Ngamahu’s Flame

Ngamahu's Flame - Official Path of Exile Wiki

物理ダメージの50%を火に変換し、20% fire peneを得られる斧。低レベルで装備できる割にアウトプットが高く、エレメンタルビルドと相性抜群。
これでWild Strikeして炎以外を引いた場合、物理のうち50%は炎に変換され、残りが氷や雷になる。ペネの効果は薄くなるが無駄にはならない。

また、20%の確率で、on hit時にモルテンバーストというProjectile Attackが発動する。(Molten Strikeで出てくる芋)
これにはNgamahuに挿したサポートジェムが乗るため非常に便利。CoHやCullingをぶち込んでおけば、メインスキルをそのまま使い続けるだけで恩恵を得られる。

Devoto’s Devotion

Devoto's Devotion - Official Path of Exile Wiki

カオスレジや加速が得られるヘルメット。物理ダメージが減ってしまうデメリットがあるが、100% Elemental変換なので実質デメリット無し。

Kaom’s Root

Kaom's Roots - Official Path of Exile Wiki

このブログではすっかりお馴染みと化した感のある靴。スタン無効やスロー無効が非常に嬉しい。
どこかの記事で、タールも無効にすると書いた気がするが、ダメでした。でもFreezeが無効になるのでそれだけでも十分強い。
特に今回は、とにかく一発耐えて吸う、というコンセプトなので、スタンやスローは死に直結する。

その他

ライフを、とにかくライフを。

Gem

Wild Strike - EDwA - Elemental Focus - Multi Strike - Melee Phys - Added Fire

WEDから名前が変わって長くなった。Elemental Damage with Attacksは最優先。その後の優先順位はだいたいこんな感じだろう。

Leap Slam - Fortify - FA - BM

移動スキル。お好みでCullingに入れ替えたりしてもいいが、メインスキルで実質Cullingできるのでなくていいはず

Hatred - HoA - Blood Rage - AWC

オーラやその他枠。特に疑問の余地はないかと思われる。指輪にEssence Wormを用意し、Hatred + HoA + Blassな構成にしてもいいだろう。

CoH - お好みのカース - Culling

斧本体に挿すことで、ありとあらゆるアタックに20%の確率で乗せることが出来る。LGoHも追加でぶっ刺してもよい。
モルテンバーストはMeleeではないため、Fortifyは乗らない。乗ったら神だったのだが。

おまけ Ngamahuの実質DPS計算

僕のNgamahuの性能は以下

f:id:orzlabo:20170819121947p:plain

数字だけ見ると大したことないのだが、火への変換と20%ものペネが、この斧の価値を大きく高めている。
この武器でWild Strikeする場合の、実際の性能を計算してみよう。

ざっくり性能計算

(236 + 356) / 2 * 1.38 = 408.48

まず武器のPDPS。終盤の世界を生き抜くにはやや物足りない感じだ。ただし、このうち半分は炎に変換される。

phys 204.24
fire 204.24

武器にペネが20%ついている為、固い敵にたいしては炎のダメージは大幅に上昇する。
パッシブで11%分稼いでいる為、火レジ75の相手に大して36%のダメージが出るが、この武器の性能により56%になる。つまりダメージが1.5倍になる。
火レジが0の相手に対しては、111%与えるところが131%になる。つまり1.18倍だ。

phys 204.24 fire max306.36

つまり、max1.5倍のペネ効果のうち半分が乗るため、この武器のベースのDPSは最大で510.6となる。いい感じの性能だ。

Wild Strikeする場合の計算

Wild Strikeは、1/3の確率でダメージをすべて炎に変換するため、先ほどの計算で半分しか乗らなかったペネが全て乗る。
ペネ期待値は以下の通りになる。

(1.5 * 1/3) + (1.25 * 1/3) + (1.25 * 1/3) = 1.33

従って、Wild Strikeする場合、PDPS * 1.33が期待されるEDPSとなり、その結果は531となる。素晴らしい。
そのため、買い換えるのであれば、PDPSが530を大幅に上回っている必要がある。結構ハードル高そう。
さらに、モルテンバーストでCullingやCoHが出る便利さを考えると、この武器を卒業するには相当な性能が求められる気がする。
個人的には、2H-Axeにしてはそこまで遅くないAPSも評価が高い。